第二期 教員養成講座 受講生の声

2年間で自分がこんなに変化するとは思っていませんでした。いろいろな歌、リズム、授業の理論と実践、人間観、世界観、芸術体験、オイリュトミー、振り返り、先生方の熱のこもった言葉、休憩中にたくさん語り合ったこと。そのすべてが、気づきと変化を促してくれました。自己教育の喜びとそれを続けてゆく覚悟。盛りだくさんの2年間でした。

講座のはじめは不安があったり(もしかしたら傲慢があったり)しましたが、想像していなかった「2年後の自分」に会えました。「できない自分」は、ある意味伸びしろのある自分です。自分自身のこれからの成長が楽しみです。

ぜひもっといろんな方に知ってほしいし、私では広めきれないので、スポットで参加できる体験などまた、いろいろ開催してほしいです。私が一番参加したいですが。

シュタイナー教育に興味がありますか?もしあるなら、講座を受講してみるといいかもしれません。シュタイナー教育、モンテッソーリ教育、イエナプラン教育などオルタナティブな教育が色々あります。けれどもシュタイナー教育は、自分が体験しないとわからないこと、気づかないことが多いです。言葉にできる学びと言葉にできない学びがあって、シュタイナー教育は言葉にしづらいものが多いです。それでも少なくとも体験することで、自分なりにシュタイナー教育を語れるようになりたい方におすすめします。

横浜の魅力はアットホームな温かさです。ビルの一角にありながら、教室は学びの場として愛に満ちています。講師陣の一人一人が個性的でありながら、チームワークの良さと高い技術力を持っています。そして密度の濃い学びは、その場だけでなく自分の中でいつまでも輝き続け、自分自身が力づけられ、成長していることに気づきます。カフェがあることで憩いの場で癒されたこと、保護者の皆様方からの“おやつ”が毎回おいしくて、しかも愛情たっぷりだったこと、何よりも、講師の皆さんやスタッフ、他の仲間たちと語り合えたこと等の目に見えない貴重な学びをさせてもらいました。

学園の先生方、そしてスタッフの皆さま、本当に長い間ありがとうございました。この講座に向けての準備の多さ、片付けの大変さ、どれもこれもたくさんの貴重な時間をくださり、心より感謝申し上げます。そして、声かけしてくださり、はげましてくださり、共感してくださり、光をさしてくださったことに、素晴らしい心をいただくことができました。本当にありがとうございました。

迷っているなら参加された方がよいと思います。深い学びや、自分というものの認識(よいところもわるいところも)の深まりがあります。自分がシュタイナー学校の生徒になったかのように授業を体験することができました。世の中の美しさを改めて感じる学びがあります。ありがとうございました。

知りたいという気持ちがシュタイナー教育の深みにつながっていくように思いますが、それも欲なのだとも思いました。人間に興味があるならば、ぜひご受講をおすすめします。

「やっぱりシュタイナーはいい」と卒業していった次男と、「ママもこの学校に入れたら良いのにね」と楽しそうに通う三男の言葉をきっかけに、無事に2年間の養成講座という大人のシュタイナー学校に通うことができました。ありがとうございました。献身的に教えてくださった先生とたくさんの配慮をしてくださったスタッフの方々の労と祈りの中で楽しく有機的に学ぶことができ感謝しています。ありがとうございました。
どの授業からも、準備や普段の教師として大切にされている信念とそれに基づいた態度と生活が垣間見えて、先生方への尊敬の念が深まりました。子どもが学び終えたものは、そういう意図や目的がこめられていたのだとわかり、深く感嘆し、これから学ぶ授業は楽しみで安心します。保護者として、この教育の具体的な授業を知っていると、なぜ〇〇は遠ざけるのか、守るのか、ということが理解でき、普段の生活の中でも気をつけたり、学びをより広げるようなアイデアを見つけようと思えます。何より、子どものように私自身が体験した実感をもって、子どもと喜びを共有できたり、広報のように、他の人に伝えていける強みになりました。(学んだあとは、私がよく知らずして、よく子どもを通わせられたものだと驚きます。)体験し、理解できる!その喜びとともに、自己教育への修業の道をこれからも続けます。

(横浜シュタイナー学園保護者)

自分の子どもが8年生の秋から受講しましたが、入学前や低学年のうちに受講しておきたかったと思いました。先生方が保護者会で伝えてくださる言葉の深い意味が講座で明らかになるので、家庭で大人が心がけた方よいことがはっきり分かってくるからです。その上で子どもを育てたら、先生と家庭がもっと足並みをそろえて子どもを育てられるので、子どもも安心して成長していくだろうと思います。祖父母や周囲への、この教育についての説明も、もっと上手にできると思います。
教員養成講座は、学園の時間割のようにカリキュラムが組まれているので、とても体が楽で、受講するたびに健康になりました。素晴らしい仲間との出会いもあるので、自分への贈り物として、家族のためにも、受講をおすすめします。
2年間を通して、常に受講生に対する先生方の温かさもとても印象に残りました。村山先生の建築も受講生たちを温かく守り育んでくれたと感じています。そのような空間の中、どんな受講生も受入れ、それぞれの人を肯定して皆が仲間になれるよう配慮をし、一人ひとりの成長を助けてくださったと感じています。大人でも苦手なことを抱えていたり、シュタイナーの勉強も始めたばかりの人から、長く深い人まで、すぐに教壇に立つ人から先生になるのかわからない人まで、様々でしたが、そんなことは全く気にせずに、その人らしくいられる2年間でした。皆が受講以前よりも毎日を楽しく自分の道を歩めるようになったのではないでしょうか?それこそが横浜シュタイナー学園の根本にある力なのだと思います。

(横浜シュタイナー学園保護者)

リンクURL: