連続講座 多面的シュタイナー考察16
宗教Ⅴ「アントロポゾフィー からみた宗教的なもの」

多面的シュタイナー考察

哲学博士ルドルフ・シュタイナー(1861-1925)はオーストリアに生まれ、その後はヨーロッパ各地で活動をしました。生涯6千回にも及ぶ講演のほとんどは「こんな話をして欲しい」というオファーを受けてのものだったそうです。テーマは、科学・芸術・教育・医療・農業など多方面にわたりました…
さて、シュタイナーが活躍した時代から100年以上たった日本で今尚、彼の想いが必要とされていると感じます。様々な分野のシュタイナーと出逢う連続講座をお楽しみください。

第16回 宗教Ⅴ・アントロポゾフィーからみた宗教的なもの

シュタイナー学校はミッションスクールではありません。でも通っている子ども達は、朝に帰りに昼食時にお祈りの言葉をとなえます。彼らは、一体何に祈っているのでしょうか。そもそもルドルフ・シュタイナーが確立したといわれるアントロポゾフィーの中で、祈り=宗教的なものは、どのように位置づけられているのでしょうか。混沌とする世界において光を見いだすシュタイナーの思想の一端を、一緒に紐解いていきましょう。

講師
輿石 祥三 (キリスト者共同体 司祭・牧師)
1953年東京生。学習塾勤務のかたわら人智学を学び1983年に渡独、シュトゥットガルトのヴァルドルフ教員養成セミナー基礎過程を受講同地でキリスト者共同体と出会い、1984年にキリスト者共同体自由大学に入学し87年に帰国。東京で翻訳会社に勤務するかたわら、日本でのキリスト者共同体設立準備活動にたずさわる。1998年に再び渡独して司祭に就任。2000年の日本のキリスト者共同体創設に参加。
現在、東京集会司祭。
日程
2021年7月3日(土)10:00~12:00
会場
横浜シュタイナー学園 十日市場校舎
アクセスはこちらをご覧ください。
オンライン(zoomを使用します)
定員
会場で対面参加 20名・オンライン参加 70名
参加費
会場参加 2,500円・オンライン 2,000円
*NPO会員・NPO賛助会員の方はパスポートが適用されます。
講座のお申込
Peatixからのお申し込みとなります。
対面でのご参加のお申し込みはこちら
オンライン(zomm)でのご参加のお申し込みはこちら

リンクURL: