専科授業

専科授業には、「オイリュトミー」「英語」「中国語」「音楽」「美術」「手仕事」「運動遊び・体育(3年~)」があり、1年生からカリキュラムに取り入れられています。

専科授業は、リズムを持って決まった曜日に行われます。

オイリュトミー

オイリュトミーとは、シュタイナー教育特有の教科です。全ての学年で必修科目としてカリキュラムに採り入れられています。
オイリュトミーは身体芸術です。シュタイナー教育の創案者、ルドルフ・シュタイナーにより生み出されました。言葉と音楽の要素が身体を通して現されます。一人で、もしくはグループで作品を創り上げることは、洗練された空間感覚を鍛え、社会性を学ぶことを促進します。ひとつひとつの言葉や音楽の要素は、自分自身の身体を通して表現されます。
それによって生き生きとした注意力、創造性、心のこもった意識的な動きをする力が修練されます。

外国語(英語・中国語)

1年生から外国語として英語と中国語の授業を行います。外国語を学ぶ本当の目的は言語を通してその言語の底に流れる民族性を知り、自分と違う物の見方や価値観に対する感受性を養い、広い視野を持つということです。異文化理解を通して戦争のない世界をつくっていく人間を育てる、欠くことのできない科目です。

低学年では聴くこと、話すことを主体とした授業で、言語の持つ音やリズムに親しみながら歌や詩、ゲームを通して学びます。4年生から文字の読み書きが加わります。座学ではなく身体を動かすこと、そしてイメージを大切にすることが学びへとつながると考えています。授業は主として外国語で行っています。

音楽

学園でのすべての授業がリズムや音楽で満たされています。
子供たちの成長に合わせた音階や楽器を使用した授業を行っていきます。
たて笛としては、木製の笛を採用しています。笛は呼吸を整えることと共に繊細なものの扱いを覚えることができます。キンダーハープやカンテレを導入しているクラスもあります。

美術

将来、ここで学んだ子ども一人ひとりが自ら創造的な人生を送る助けとして、多くの要素を相応しい年齢で体験できるように美術のカリキュラムは組まれています。
1年生から8年生では、主に色彩体験を滲み絵という特殊な水彩技法を用います。ここでは出来上がった作品よりも子どもが紙の上に広がる色と向き合い、心に響かせる体験そのものを重視しています。粘土を用いた立体制作は低学年から適宜行われ、5年生以降は木材を削り、身近な道具やおもちゃを作る体験が加わります。3年生から6年生までは日本的な平面空間を美的に体験できる書道を採り入れています。6年生以上の学年では、層技法(水彩の技法)やエポックの題材を視覚的に深める白黒デッサンなども扱います。

書道

当学園では3年生から行います。静かに心を整えつつ墨をすり、課題の文字を味わいながら集中して一気に描きます。文字そのものが生き生きと描かれていることを大切にしています。先祖たちが培ってきた深い東洋の文化を体験を通して学んでいるのです。

手仕事

私たち人間を他の動物たちから区別し特別な存在としているのは『手』の働きです。
その働きは自分自身のためにも使われますが、自分の利益を超えた他人のため、世の中のためにも使われます。
手仕事はリズムを持ってひとつひとつ積み重ね、間違えたらやり直し、美しいものを作るという喜びとともに作品を仕上げていきます。7歳までに育まれた“行動したい”という意志の萌芽は7歳から14歳までの時期に、この経験を経て“最後までやり遂げる”という達成する力、意欲をもった意志へと変わっていきます。手を器用に使えることは、思春期以降に活発に働き始める柔軟で創造的な思考の土台になっているのです。

運動遊び・体育

子どもの成長に即した運動を行います。歌や音楽に合わせて身体を動かすことを低学年で始め、中学年から徐々に身体の動きに意識を向けていきます。高学年では筋肉、骨の動きを考慮して陸上競技や器械体操を行います。子どもは身体を動かすことを心地よく感じ、身体を発達させていきます。

オリンピック

5年生になると「歴史」の授業が始まり、古代文明からギリシャ時代までを学びます。5年生は肉体も心も均整のとれた美しい時代だと言われています。その時期に当時のギリシャ人たちがそうであったように、身体の美しい動きに重点をおいて古代オリンピック競技会を行います。種目もギリシャ時代に行われていたやり投げ、円盤投げ、レスリング、立ち幅跳び、中距離走、短距離走などを勝敗にこだわらず身体の美しい動きとして体感し、表現する経験として行います。