続・ルポ「シュタイナー学校の1年」の連載に至った背景

学校・教育行政関係者から厚い信頼を置かれている教育誌『内外教育』に、2012年4月から2013年3月まで横浜シュタイナー学園の教育が1年間の連載記事として取り上げられました。そのルポルタージュ「シュタイナー学校の1年」は、2013年7月に冊子となって刊行。学園の教育の実際がよくまとめられた内容が学園内外の読者から好評で、現在も手に取られ続けています。

しかし、出版から間もなく4年。その間には創立から10年の節目も迎え、四期生までが卒業していきました。横浜シュタイナー学園の“今”と、学園を巣立って行った子どもたちの姿も伝えたいと思い、前作の著者である田幡秀之さんに続編の執筆を依頼しました。
前作のスタイルを踏襲し、「客観的な視点で描いて欲しい」というのが広報の会から田幡さんへの要望です。『はじめに』にもあるように、田幡さんにはあくまで、一ライターとして取材・執筆いただき、私たちはそのルポを発表する場として学園サイトを提供する、という形を徹底して連載を進めます。 『はじめに』の中の「一ライターとして取材・執筆する」「ルポである以上、事実に即して書くつもりだ」という言葉と、その後第一回の原稿を受け取った時に、前作に継ぐ良作、もしかしたらそれ以上の作品になるかもしれないという期待が高まりました。

学園サイトでの連載は、2017年4月から1年間の予定で、連載終了後は冊子にして出版します。

このルポ続編によって、横浜シュタイナー学園とシュタイナー教育がより広く深く理解されることを願っています。

※最新の3話のみ公開します。
※第1話〜第4話までは約2週間おきの更新。以降は約1か月おきの更新予定です。
※著作権は筆者に帰属します。著作権者の事前の承諾なく、本記事の全部もしくは一部(写真を含む)を、他のウェブサイトや印刷媒体に転載したりすることはできません。

(横浜シュタイナー学園 広報の会)

はじめに

2016年10月に横浜シュタイナー学園卒業生の謙から連絡をもらった。記者という仕事に興味がある、進路相談に乗ってもらいたいという。『ルポ シュタイナー学校の1年』(時事通信社刊)という記事の連載で謙を取材したことがある。謙のクラスで「記者の仕事とは」と題して“授業”をさせてもらったこともある。 当時7年生(中学1年)だった謙は今、高校3年生。将来就きたい職業を目の前の問題として考え始めている。謙に会った。生真面目な少年はそのまま、世界に目を広げた好青年に成長していた。学園は今どうなっているのだろうか、シュタイナー教育を受けた子どもたちはどのように成長しているのか、と考えるようになった。 学園保護者の中島美穂さんからメールをいただいたのは、そんな矢先だった。 「学園広報の会ミーティングで、ぜひともあの続編をつくっていただきたいと話し合いました」 『ルポ…』は12年4月から13年3月までの1年間、通信社の記者として学園を取材し、教育誌に連載したものを、ブックレットとしてまとめた。充実した、楽しい1年だった。あれから4年が経つ。 学園からの依頼は記者冥利(みょうり)に尽きる。取材や書籍化の際の費用はクラウド・ファンディングで調達するという試みも面白いと思った。 今回は通信社の記者としてではなく、一ライターとして取材・執筆する。記事の発表場所は学園のホームページを提供していただくことになった。続編である以上、ルポルタージュの形式にこだわりたい。ルポである以上、事実に即して書くつもりだ。記者の職業倫理として譲れない一線である。その点は学園サイドにも了解してもらった。 インターネットの検索エンジンを使えば、あっという間にいろんなことを調べられる。人間の記憶のあり方が問い直されている。人工知能(AI)の発達により10年後には今ある職業の半分が消滅するという。 社会が大きく変貌する中、未来を担う子どもたちを育てる教育はどうあるべきなのか。日本の教育界では「アクティブ・ラーニング」という耳慣れない言葉が闊歩(かっぽ)し始めている。議論や発表を通じて主体的に学ぶ探求型学習だ。新学習指導要領に基づき、20年度から順次導入される。だが、それは既にシュタイナー学校で行われており、シュタイナー教育の十八番(おはこ)であることを4年前の取材で実感した。大阪府立大学の吉田敦彦副学長は「シュタイナー教育は公教育の水先案内役になり得る」と語った。 水先案内役。辞書にはこうある。 「多数の船舶が行き交う港や海峡、内海において、それらの環境に精通することが困難な外航船や内航船の船長を補助し、船舶を安全かつ効率的に導く専門家」 教育の水先案内役、パイロットに同行し、その取り組みを紹介できることは教育問題を取材してきた記者にとって望外の喜びである。横浜シュタイナー学園に再び乗船し、1年間の航海を始める。『続ルポ シュタイナー学校の1年』の船出だ。 著者・田幡秀之 ※連載中、一部は仮名です。 田幡秀之 時事通信社記者 1991年時事通信社入社。高知支局、経済部、内外教育編集部などを経て2016年4月から金融市場部。著書に『ルポ シュタイナー学校の1年〜学びを選ぶ 学びをつくる〜』、共著に『あなたの隣の外国人?虹はかかるか?』(いずれも時事通信オンデマンドブックレット)

第4話 ルート・ファインディング=卒業生を訪ねる(下)

「とりあえず大学に行く、という選択肢はありません」。大学への入学定員総数が入学希望者総数を上回る大学全入時代。大学進学率は5割を超える。ブランド、4年間のモラトリアム、就職に有利な学歴とその後の安定…。今回訪ねた横浜シュタイナー学園の卒業生3人には、全く興味がない。 ◼︎自分が助ける 「高校の友達に、バレエを習っていると話すと、やっぱりねと言われます。授業の3分間スピーチで、東京消防庁のレスキュー隊について熱弁したら、意外すぎてびっくり、と驚かれました」 バレエで鍛えた身体。その優雅に踊る姿に憧れ、学園下級生の女の子たちが何人もバレエを習い始めた。繊細な水彩画は人の心を和ませる。そんな真奈美が思い定めた将来は、災害救助犬訓練士だ。被災地で救助犬とともに被災者を救出する仕事だ。春からはそのための専門学校に通う。 学園1期生の真奈美は都内の私立高校に進学。高校3年間の総合成績は5点満点中4.7点。オール5に近い。当然、高校の先生たちは大学進学を強く勧めた。推薦で相当なレベルの大学への進学も可能だった。真奈美は「大学でやりたいこともないのに、不登校になりそう」と、一切を断った。学園9年生の時には、バレエの先生に才能を認められ、ロシアへのバレエ留学を勧められたが、それも断った。それほど、真奈美のレスキューへの思いは強い。 小さい頃から消防など人命救助の仕事を「かっこいい」と思っていた。消防の出初め式には必ず出掛けた。6年生の3月11日に東日本大震災があった。よく読むレスキューの雑誌に救助犬の活躍が多く載っていた。動物は小さい頃から好きだ。自分の体力を考えると、レスキュー隊に入るのは難しいかもしれないが、救助犬訓練士としてなら、道があると思った。 高校の友人とこんな話をしたことがある。 友人「困っている人がいても、誰か助けてくれる人が必ずいるじゃん」 真奈美「でも、皆がそう思っていたら結局誰も助けない。そうしたら自分が助けるしかない」 高校2年の5月に、学校の体育館で火事があった。過熱した床置き照明器具がカーテンと接触し、火柱になった。集まっていた生徒たちは皆騒いでいるだけで、何もしなかった。「やはり自分が動くしかない」。傍観者にはなりたくない。それとともに、駆け付けた消防車が、真奈美に強い印象を残した。 「来ただけで安心感を与えるんですよ。すごい」 クラスメートはほとんどが大学に進学する。4校受けて不合格、5校目は合格したが、そこには行きたくないというクラスメートがいた。世間で言う滑り止めを知らない訳ではないが、理解に苦しむ。本当は専門学校に行きたかったのに、家族全員高学歴の中で自分だけ大学に行かないことは許されないという友人もいた。 ◼︎自由を勝ち取る 「ヒントはエポックノートにあると思うんです」 真奈美はこんな話をしてくれた。 「高校の体育祭では、各クラスがTシャツを作るのですが、ナイキやアディダスのロゴを少し変えるだけで何かの真似。いつもクラス内で著作権(意匠権)侵害という言葉が出てくる。高校の授業では、教科書があって、先生が黒板に書いたことを写すだけ。絵とかもないし、すごい殺風景。普通の学校ではそれを見て覚えるから真似になる。学園では自分でエポックノートを作って、それが教科書になっていました。同じ授業を受けているのに一人ひとり違うノートができます」 一般の学校は、国家や社会が要請する人材を育成することが求められる。そのため、子どもをどう社会に合わせるかに重点が置かれる。シュタイナー教育は「自由への教育」と言われる。自分で考え、自分なりの人生の使命をつかみ行動する、自由を持った大人になれるように育てる。「皆が大学に行くから、私も」と周りに左右されることのない真奈美は、既に自由を勝ち取っているのかもしれない。 真奈美は行きたくもない大学で4年間を過ごすのは「無駄な時間だ」という。 「大学はブランドだけが全てのような気がして。有名な大学に入っても実力は人それぞれ。就職には有利かもしれないけど、きっとその後が大変ですよ。それよりも実力を付けたい。中途半端は嫌。その間に徹底的にやりたいことを極めたいです」 真奈美は救助犬訓練士の国際資格取得を目指している。ただ、まだ18歳。一つのことに絞らず、まだまだ可能性を探ってもいい年齢だ。 「(シュタイナー教育独特の身体芸術である)オイリュトミーでは、周りの空気を感じながら動きます。人とぶつかってはいけない。目で見なくても誰がどこにいるか感じる。だから、後ろを見ずに下がっても大丈夫。シュタイナー学校の生徒はそういう感覚を身に付けるんです。目で見て確認しながらではなく、感覚で生きる。私にとって災害救助犬訓練士は、そういう感覚で選んだ道です。 華やかできれいなものが好きなので、結婚式場の仕事を知ったときはいいなと思いました。でも、その仕事に就きたいとは思わない。学園のフォルメンの授業で描いた8の字と一緒です。授業中、蜜ろうクレヨンでずっと同じところをなぞり続けるんです。遠回りや寄り道をすることもあるけど、大きく外れることはない。その線の上を歩き続ける。それが私の人生です」

第5話 心は動いているか=学園のアクティブ・ラーニング

舞台を横浜シュタイナー学園の教室に戻そう。 5月16日午前、9年生のエポック授業。担任の神田ひとみ先生は、矢継ぎ早に質問を繰り出す。 先生「3大栄養素という言葉が昨日、(エポック)ノートにまとめた中に出てきました。7年生の時に学んだ栄養学の中にも出てきました。3大栄養素の何について調べたり、実験したりしましたか、遥香」 遥香「炭水化物」 先生「どういった食品に含まれていたでしょうか。真宗、姿勢が悪くなるから気を付けなさい。じゃあ有里」 有里「米」 先生「言い切りじゃなくて文章で。ほかには。美野里」 美野里「パン」 先生「原料は何だっけ、祐樹」 祐樹「穀物」 野球のシートノック、いやバレーボールのレシーブ、トス練習のようだ。指名されなかった生徒たちも、そこかしこで答えをつぶやいている。答えが続かないときには、ひとみ先生の「協力して」の声が飛ぶ。自分の考えを発表したり、クラスメートの意見をもとに発言したりすることで理解が深まり、定着する効果がある。生徒たちが共同の思考作業を行い、発言を重ね、クラス全体で結論を導く。 アクティブ・ラーニング(AL)。2020年度以降の小中学校の教育内容を定めた次期学習指導要領の目玉の一つだ。子どもたちが「主体的・対話的で深い学び」をできるよう授業改善を求めている。教員による一方的な講義形式の授業ではなく、体験学習や調べ学習、討論などを採り入れ、子どもたちが能動的に参加する授業形式が典型例として挙げられる。インターネットが発達し、いつでもどこでも検索して知識を得られる知識基盤社会で、知識よりも思考力や判断力、行動力が重視され、主体的・協働的に働ける人材育成が不可欠との考えが背景にある。教師は力量が問われる。 ひとみクラスは、8年生の有機化学の授業の中で、ヨウ素のでんぷん反応の実験と光合成の学びの導入を終えている。この日の前半は、AL型授業で言うところの「まとめ」や「振り返り」と呼ばれる、もっとも重視される過程の一つに相当する。指導要領は、公教育の法的な枠から外れたフリースクールの学園とは無縁だが、授業は正にALそのものだ。 ◼︎2πr2に3コマ 「はあ、ALですか。意識したことはないですね」 前述の授業を展開したひとみ先生に、ALをテーマに取材を申し込むと、当初、ぴんと来ない様子だった。ひとみ先生は大分県の公立小学校で12年間教えていた経験がある。 「ALという言葉は付いていませんでしたが、以前から授業形態はそういうものでしたよ。学校現場では講義形式ではなく、子どもたちが活発に意見を言ったり、例えば算数では今まで学んだことから考えて公式を導き出すという授業を目指していました。少なくとも努力はしていました。独自に教材を開発したり、教科書を使わずに授業をすることも可能でしたし。公立でも皆、そうしてましたよ」 AL型授業は「総合的な学習の時間」や各教科の「言語活動」で既に採り入れられている。もともとは欧米の大学の授業形態から日本の大学が導入した教育用語で、熱心な小学校教員が飛び付いた。だが、「教科書を1年間でこなすのに精いっぱい」「40人学級では難しい」と戸惑いが広がっているのも事実だ。学校現場の取り組みには濃淡がある。 クラスの生徒らによると、ひとみ先生は生真面目で熱心な先生だ。「話が長い」「時々、感情的になる」という面もあるが、「相談すると、自分のことみたいに全身全霊で答えてくれる」「ザ・先生」なのだそうだ。 よくよく聞いてみると、ひとみ先生が教えていたのは授業改善に熱心な地域。しかも過疎地で、クラスはほとんどが20人以下、少ないところは5人という少人数クラスだった。学園のサイズとほぼ同じだ。この日の授業では、クラス14人のうち最も少ない生徒でも4回は発言した。一人4回、40人が発言すると、授業にならないのではないか。 「あー、確かに少人数というのはポイントですね。それと公立との違いがあるとすれば、学園のエポック授業という形態ですね。毎日100分間、同じ科目を2~4週間かけて集中的に学ぶ。思考の流れがとぎれないので、前の授業の振り返りもできるし、さらに深められる。教科書がないのもいいことです。生徒たちにとっては自分が見聞きしたものが全て。よく観察するし、よく汲み取ります。特に話し合いの授業はしやすいですね」 学園にはALの舞台装置がそろっているという訳だ。 4月に数学で半球の表面積を学んだ時には、1コマ45分の「練習の時間」を3コマ使った。練習の時間は授業の遅れを取り戻すためなどに使われる予備の時間だ。1コマ目は、ゼロベースでどうしたら表面積を求められるかを生徒たちが話し合った。「ミカンの皮をむいて広げてみる」という意見が出た。そこから、「らせん状にむいたリンゴは?」とつながり、半球に巻き付けたロープを外して、平面にならすことで面積を求める方法に発展した。ひとみ先生はこの方法を解答に用意していた。ところが、「ロープはたわむから正確に測れない」という意見が出た。丸い地球儀の表面を切り開いたイメージの舟形多円錐図法を使うことも提案されたが、実際につくるのは大変そうだ。挙がった方法の中ではロープが一番現実的だと納得した。

第6話 浸す道徳=シュタイナー教育の根幹

国の学習指導要領改定に伴い、道徳が2018年度から小学校で、19年度から中学校で正式な教科となる。シュタイナー教育でも、創始者のR.シュタイナーは「教育者にとっての最高の課題は、自分に委ねられた若者の道徳的な生活態度を育てるために何をしてあげられるかだ」と説いている。しかし、横浜シュタイナー学園の時間割にはどこにも「道徳」の文字は、ない。取材の広報窓口を務めてくれている8年生担任の長井麻美先生に聞くと、「学園の道徳教育と掛けて空気と解く」。2年生担任の横山義宏先生は「数の学びは道徳です」。「空気」、「数の学びは道徳」。どういう意味だろう。6月末の梅雨の合間に、「数」に取り組む2年生のエポック授業を見学した。 ■1対1の関係 学園の各教室には白木の角材を使った手作りの平均台が置かれている。登校した子どもたちは横山先生と握手を済ませ、平均台の上でバランスを取りながら、横山先生が放った毛糸のボールを受け取る。千弥子が先生の膝に乗って話し始めると、他の子どもたちも先生の周りに集まる。崇人は昨日けがしたことを伝えた。皆、先生に話を聞いてもらいたくて仕方がないという様子だ。颯真の1歳の妹凪咲ちゃんが母親の依子さんに抱っこされて現れると、子どもたちは凪咲ちゃんに駆け寄り、握手したり、ほっぺたを触ったり。毎朝繰り返される光景だ。 授業は詩を唱え、歌う、「リズムの時間」と言われる序盤が終わり、メーンテーマの「数」に入っても、体を動かす時間が続く。輪になって歩きながら、「7」の付く数を飛ばして110まで数える。 「今日は結構できたね。今日は安奈が気を配ってくれました。7の付く数の前に大きな声で6と言って、みんな次だよ、と教えてくれました」 安奈の顔がほころんだ。 シュタイナー学校の授業は反復練習が基本だ。歩きながら110まで数える練習は1年生の3学期から始めているが、2年生になって子どもたちが集中して学べていないのではないか、と横山先生は感じた。 「数はリズミカルなものなので、数のリズムの中に眠り込んでしまうことが起きてしまいます。目を覚ますために、ある数字を言わないことで、集中して学べます」 体を動かすだけではなく、耳も研ぎ澄ます。輪になったまま椅子に座って目をつぶり、横山先生が叩いた木琴の数を当てるゲームだ。10を超える大きな数になると、集中して聞いていないと、幾つ叩かれたかすぐ分からなくなる。 次に、横山先生は子どもたち一人ひとりに計算問題を出した。1年生の時に学んだ一桁の整数の足し算、引き算、指を使えばできる掛け算の練習のあと、6月上旬から始まった今回のエポック授業のメーンテーマである掛け算九九に答えていく。9の段は一昨日学んだばかり。7、8、9の段に進むと、考える時間が長くなり、答えも怪しくなってくる。 1対1の計算問題はこれで終わりではない。「4割る2は」「6割る2は」…。「颯真、3割る2は」「勇人、5割る3は」「優紀、6割る3は」…。 通常、公立学校では割り算は3年生の課題。横山クラスでも掛け算九九を一通り終えたばかり。低学年はゆっくり進むはずのシュタイナー教育にしては進度が速いのではないか。 「シュタイナー学校では四則計算全ての性質を1年生のうちに習います。まず全体を提示し、部分に入っていく。数の世界の全体像をつかむためです。20までの数の割り算なら手足の指、持ってきているクレヨンの個数を数えればできます」 ランダムに質問しているように見えるが、横山先生は細心の注意を払っている。 「3で割れる子はまだ一部です。数の授業は正解か、不正解か、計算の速い、遅いがはっきりしている。間違って笑われたら恥ずかしい。恥ずかしい思いをするようなことはやってはいけない。特に低学年では、できない子に差を感じさせ、劣等感を持たせてはいけない。それは鉄則です」 R.シュタイナーは道徳教育について「尊敬する先生のそばで、感情を働かせながら、子どもは何が善く、何が悪いのかを学ぶ。先生は世界秩序の代表者だ」と説いた。しかし、先生だからといって子どもたちは無条件に尊敬する訳ではない。 学園には手仕事という専門科目がある。簡単に言うと手芸だ。一般でいう家庭科に相当する。男女を問わず学園の子どもたちに最も人気の専科が、この手仕事だ。手仕事専科担当の一人、栁本瑞枝先生は言う。 「編み物の編み目を間違ったときに、間違ったところまで戻って、目の前で一人ひとり直してあげます。土台を整えてくれるのを目の当たりにすると、きちんとやり直せる、否定されないでできる、と安心するようです。先生、魔法使いみたいと言われることもあります」 世界秩序の代表者への尊敬は、1対1の関係の中で育まれる安心感から生まれるということを示す好例だ。 「だから、一斉授業の中で子どもたちと1対1の関係をいかに作るかが大事になります」と横山先生。 「その子のレベルを知り、今のレベルに合わせて、答えられる問題を出しています。子どもにとっては、先生は答えられる質問をしてくれるという安心した関係ができます。計算は反復練習でいずれできるようになるので、ストレスをかける必要はありません。 私のような人間が子どもたちに教えていていいのか、といつも思います。だけど、いつも子どもたちが教えてくれます。教えた内容が分からないと、つまらないという顔をしたりしてサインを送ってくれます。子どもの本質が光っているので、子どもの声に耳を澄ますことができれば、前に進んでいけます」

前作「ルポ シュタイナー学校の1年」(発行:時事通信社)は、学園を通じてお求めいただけます。

https://yokohama-steiner.jp/books/#rupo

※第1回から第4回まではPDFで内容をご覧いただけます。