学園祭直前突撃インタビュー

2017年05月31日

いよいよ6月10日(土)オープンデイと学園祭を開催します。
高学年学園祭は中学1~3年生にあたる7~9年生生徒たちによって行われます。
歴代最高人数となる今回、新しく入った7年生もすぐに溶け込んで一緒に準備に打ち込んでいます。

【学園祭実行委員長:海老塚侑希】
今年のテーマは「Let‘s Enjoy!~今を輝け未来へ向けて~」です。
これは自分たちが楽しむということだけではなく、楽しみつつ新しいことをやっていこうという思いを込めてつけました。今回新たな試みとして、発表の演目に「合奏」「個人発表」が加わりました。
また、それぞれの出し物でも新しい内容を工夫しています。
発表の会場となるオイリュトミー室では、この学園の良さを知ってもらおうと「部活紹介」や生徒アンケートによる「今までの学校生活の感想(学園祭の感想含む)」の展示を行っています。
内容の説明や質問に答えるための担当も決めて対応しているので、たくさん見に来てどんどん質問してください。

【カフェ:Sweets Travel】
1つの小さな部屋でスイーツを食べて旅行しているような気分になっていただけたらと思います。
はじめて担当したメンバーも多いですが、みんなで協力し合って頑張っています。
今年は新しくテーブルクロスを9年生メンバーで手作りしました。
カフェメニューと共に、どうぞ素敵な空間をお楽しみください。

手作りテーブルクロスと共に

テーブルクロス作成中

【縁日:水蓮】
名前の由来は6候補の中から多数決で決め、はじめは「蓮(はす)」にしようと思っていましたが、響きの良さから「水蓮(すいれん)」に決めました。
新しいゲームが増え、景品も進化しています。新しく入った7年生も一緒に和気あいあいと景品づくりを頑張って準備しています。皆さんのお越しをお待ちしています。縁日で楽しい一時をお過ごしください。

層技法を駆使して何をつくっているでしょう?

景品も着々と出来上がっています

【ダンボールワールド:新生ダボルニア帝国】
名前の由来は奥が深く…ないですが、浮かばなかったので辞書で色々調べているうちに「新生」という言葉が気に入り、「ニカラグア共和国」…いいんじゃない?ニカラグア、ニカラグア…ダボルニア?!「共和国より『ローマ帝国』に因んで“帝国”の方が良くない?」という意見が集まって決まりました。
とにかく昨年とは違ったものにしたい!という思いで色々趣向を凝らしています。
今まではクイズ形式だったポイントをアトラクション形式にしました。
また、今年ははじめて女子がメンバーに加わり、景品も進化しています。これまでダンボールだけで作成していた景品ですが、女子の提案でペーパークラフトも加わりました。女子が入ったことで、準備中も男女ともに交流して面白く、みんなで仲良くやっています。

景品づくりに没頭中

壁づくり。ふざけているわけではありません

(取材:広報の会 高橋恵美)