HOMEがくえんにっし > あなたの笑顔 ~2月のペレ通信~

あなたの笑顔 ~2月のペレ通信~

2022年2月1日


子どもたちの放課後の大事な遊び場でもある学童保育[ペレの家]。
大人たちがほどよく距離を取りながら見守る空間で、子どもたちは教室とはまた違った顔を見せてくれます。
毎月初めに全校保護者へと届けられる[ペレ通信]をブログでもお届けします。


 

◆ ◆ ◆ ◆ ◆

 
公園で、
ふたりの子どもたちがやってきて
一緒に遊ぼうと、誘われた時のことです。
 
「はじめの一歩」の後
鬼の子が「だるまさんがころんだ」と唱えて
私が動きをとめる、その度に
すぐ脇から何か視線を感じるのです。
 
あれっ?と思って横を見ると、
一緒に鬼へ向かっている傍の女の子が、
動きをとめる度に私を見て、にこっとしていたのです。
 
それに気づいてからは、
私も一緒に動きをとめる度に何度も、
その子と目を合わせて、
にこっと楽しみました。
なんだか、くすぐったいような一時でした。
 
そういえば、
いたずらを始める小さな子どもたちが、
振り返ってお母さんの顔を見て安心して、
いたずらしてみる、
また振り返ってお母さんの笑顔を見て安心すると、
いたずらを続けてく
という場面 を見ることもあります。
 
どこかで、どっと笑い声がおきると、
すかさず子どもたちは集まってきて、
一緒にその場を楽しんでいるのを見ることもあります。
 
 
笑顔は人をつなげていくのですね。
 
 
子どもたちの笑顔は、私たちを癒してくれたり、
希望をもたらしてくれたりもします。
 
まわりにいるおとなたちの笑顔もまた、
子どもたちに
安心と前に進む勇気をもたらしていくと思います。
子どもたちとそのまわりに、
笑顔がいつもあふれる日々がずっと続きますように。

 

(ペレの家指導員 鎌上)