教員養成講座

横浜シュタイナー学園で学ぶ 「教員養成講座」

100年ほど前、ルドルフ・シュタイナーによって提唱された「本当の自由」を獲得できる人間を育てるための学校は現在では世界に1000校以上あります。一体どこが一般に行われている教育と違うのでしょう。その『何故』をご自身の心と体で実際に体験し、答えを見つけてみませんか? この講座からの学びで「新たな自分」を知る方も多いようです。2年間(28日間)の講座終了後には修了証が授与されます。

横浜シュタイナー学園で学ぶ 教員養成講座

体験者の声

2年間で自分がこんなに変化するとは思っていませんでした。いろいろな歌、リズム、授業の理論と実践、人間観、世界観、芸術体験、オイリュトミー、振り返り、先生方の熱のこもった言葉、休憩中にたくさん語り合ったこと。そのすべてが、気づきと変化を促してくれました。自己教育の喜びとそれを続けてゆく覚悟。盛りだくさんの2年間でした。


体験者の声

シュタイナー教育に興味がありますか?もしあるなら、講座を受講してみるといいかもしれません。シュタイナー教育、モンテッソーリ教育、イエナプラン教育などオルタナティブな教育が色々あります。けれどもシュタイナー教育は、自分が体験しないとわからないこと、気づかないことが多いです。言葉にできる学びと言葉にできない学びがあって、シュタイナー教育は言葉にしづらいものが多いです。それでも少なくとも体験することで、自分なりにシュタイナー教育を語れるようになりたい方におすすめします。


体験者の声

横浜の魅力はアットホームな温かさです。ビルの一角にありながら、教室は学びの場として愛に満ちています。講師陣の一人一人が個性的でありながら、チームワークの良さと高い技術力を持っています。そして密度の濃い学びは、その場だけでなく自分の中でいつまでも輝き続け、自分自身が力づけられ、成長していることに気づきます。カフェがあることで憩いの場で癒されたこと、保護者の皆様方からの“おやつ”が毎回おいしくて、しかも愛情たっぷりだったこと、何よりも、講師の皆さんやスタッフ、他の仲間たちと語り合えたこと等の目に見えない貴重な学びをさせてもらいました。


体験者の声

自分の子どもが8年生の秋から受講しましたが、入学前や低学年のうちに受講しておきたかったと思いました。先生方が保護者会で伝えてくださる言葉の深い意味が講座で明らかになるので、家庭で大人が心がけた方よいことがはっきり分かってくるからです。その上で子どもを育てたら、先生と家庭がもっと足並みをそろえて子どもを育てられるので、子どもも安心して成長していくだろうと思います。祖父母や周囲への、この教育についての説明も、もっと上手にできると思います。
教員養成講座は、学園の時間割のようにカリキュラムが組まれているので、とても体が楽で、受講するたびに健康になりました。素晴らしい仲間との出会いもあるので、自分への贈り物として、家族のためにも、受講をおすすめします。
2年間を通して、常に受講生に対する先生方の温かさもとても印象に残りました。村山先生の建築も受講生たちを温かく守り育んでくれたと感じています。そのような空間の中、どんな受講生も受入れ、それぞれの人を肯定して皆が仲間になれるよう配慮をし、一人ひとりの成長を助けてくださったと感じています。大人でも苦手なことを抱えていたり、シュタイナーの勉強も始めたばかりの人から、長く深い人まで、すぐに教壇に立つ人から先生になるのかわからない人まで、様々でしたが、そんなことは全く気にせずに、その人らしくいられる2年間でした。皆が受講以前よりも毎日を楽しく自分の道を歩めるようになったのではないでしょうか?それこそが横浜シュタイナー学園の根本にある力なのだと思います。
(横浜シュタイナー学園保護者)

横浜シュタイナー学園で学ぶ 「手仕事教員養成講座」

手仕事教員養成講座

シュタイナー学校の手仕事では「生活の中で使うものを自らの手で生み出すこと」や「人間の手は自分のためだけでなく、他者のため、世の中のためにも喜びをもって使われること」を大切にしています。それは、思考力の土台となり、思考したことを行動に移すことができる大人になっていくことを目指すからです。この講座では、シュタイナー教育の基本となる人間観と主に1〜6年生までの子どもたちが手仕事の授業で作るものを導入の仕方から丁寧にお伝えします

横浜シュタイナー学園で学ぶ 「シュタイナー学校の英語 ~1年生から9年生まで~」

Down is the earth, up high is the sky…
授業では1年生から英語で詩を唱えます。それはリスニングやスピーキングを意識しているためではなく、「模倣」を大切にしているからなのです。そうしながら、英語の音やリズムの世界に親しんでいきます。
まだ文法を習っていなくても、物語を聴いておおよその意味がわかる子どもたち。その閉ざされていない耳と心は、成長とともに、自分と知らない世界との架け橋になってくれるのです。
そんな授業の一部を自ら体験しながら学んでみませんか?

シュタイナー学校で学ぶ 英語 講座

がくえんにっし -日々の活動を綴ったブログ-