大人のための体験授業

2021年05月16日

~~~
「かず」を教えることと
世界は美しいことを教えることが
つながっているのだとわかりました。
~~~

教室をまるごと実験箱にして
その中にどっぷり浸って感じる。
「どっぷり浸って全身で感じ取る」
というのが
心を動かす授業の秘訣なのかなと。
~~~


 

“体験する授業” の体験授業

 

思えば
この体験にすっかり惹き込まれ
「どうしても子どもにこの授業を受けさせたい」と
親である自分自身が感じたことが
わたし自身
我が子をこの学園に通わせる
発端となったのだった。

 

 


「かず」をイメージ豊かに伝えるというのに驚きました。数の家とか詩とか絵とかすごくおもしろかったです。「かず」を教えることと、世界は美しいことを教えることがつながっているのだとわかり、こういう形で数を学んでいけば、子どもによい影響がもたらされるのだろうなと感じました。

 

~~~
大人の私にとってもとても刺激的で、子どもに戻ってもう一度小学校から学びたいと思うような時間でした。
~~~

 

法則ありきで“教えてもらって”きた私。大学時代、教科書に書いていない・教えてくれる人がいない領域に踏み込んだとき、頼るものがないことに戸惑いを覚えた時期がありました。考えてみれば当たり前で、最初にその法則を見出した誰かは、別の誰かに“教えてもらった”のではなく、自分の経験から自分で“辿り着いた”のですよね。シュタイナー学校流の授業では、子ども一人ひとりに“辿り着く”疑似体験をさせてくれているように思いました。
~~~


九九の数式からあらわれるうつくしいかたち

 

前回の[公開講座]では
低学年[かず][音楽]
高学年[物理][中国語]
の授業が開催され
好評を博した。

 

講座の様子

 

今年6月のオープンデイでは
そのうち
低学年[かず]の授業を体験できる。

 

「どっぷり浸って全身で感じ取る」体験を
大人こそ。

 

※2021オープンデイ 現在、各コースとも定員を超過し、キャンセル待ちとなっております。講座については[公開講座]のお知らせをご覧ください。

↑7月開講[公開講座]詳細はクリック↑