~アドヴェントの集い開催中止のお知らせ~

2020年11月07日

「アドヴェントの集い」を

楽しみにしてくださっているみなさま

 

横浜シュタイナー学園では

例年第一アドヴェントの日曜日に

アドヴェントの集い」

開催してまいりました。

本来ならば秋も深まるこの時期には、

集いに向けての準備が

学内保護者のみなさんによって、

粛々と行われているころです。

 

・ ・ ・

 

聖夜までの4つの日曜日を含む期間を

アドヴェント(待降節)と呼びます。

 

このアドヴェントという言葉は

もともとは「到来」を意味します。

 

冬至に向けて日が

どんどん短くなり、

外界は

光が弱く暗くなっていきますが、

思考の力はより強まり、

心の中の精神の光はいよいよ

勢いを増していきます。

 

そして

待ち望んでいた聖夜には

輝く魂の芽が

幼子として

この世界に根を下ろします。

その精神の光は

ひとり一人の魂の中で

真心のあたたかさ

となっていきます。

 

そして

人とのあたたかい愛と

取り組みの中で

魂は創造の力を育んでいきます。

 

・ ・ ・

 

毎年この催しでは、

このアドヴェントの時期、

在校の子どもたちのために

美しく飾られた校舎の雰囲気を

学外の方々にもご紹介し、

親子でその雰囲気を

楽しんでいただくことを

大切にしてまいりました。

 

人形劇、ろうそくの森、

クリスマスのお話、

高学年による合唱・合奏の発表、

そしてカフェなど、

様々な取り組みで

来場してくださった方々に

喜んでいただいています。

 

今年もこの催しを

楽しみにしてくださっている

 

という声もいただきました。

 

ところが、
今年のコロナ禍において、
日常の教育活動や
保護者活動における様々な集まりは
30人を限度に開催しており、
この状況下では
学外の多くの方々を
お招きしての集いの開催は
とても難しいと
判断せざるを得ませんでした。

 

大変残念ではありますが、

今年は「アドヴェントの集い」を中止

とさせていただきます。

それぞれの皆さまが

それぞれの場所で静かに

そして

あたたかなアドヴェントの季節を

お迎えくださることを

お祈りしております。

 

なお、

聖夜劇は例年のように

緑公会堂にて

上演することが決まりました。

感染症予防策徹底のため、

完全予約制となります。

観劇ご希望の際は、

必ず事前のお申込みを

お願いいたします。

詳しくは

横浜シュタイナー学園ウェブサイト

ご覧ください。

(横浜シュタイナー学園 教員会)