ユネスコスクール セネガル研修報告

2017年1月27日

ユネスコスクールとして認定されている横浜シュタイナー学園は、昨年9月、文部科学省委託事業・ESD(持続可能な発展への教育)重点校形成事業の全国24校に選定されました。 さらに、日本国内から選出される10 校のうちの1校に選ばれ、「気候変動を切り口にしたホールスクールアプローチ」という旗艦プロジェクトに参加する事になったのです。その10校の中から、学園ともう一つの学校(名古屋国際中・高等学校)が代表として11/21〜23にセネガルで研修を受ける事になり、出かけてきました。お陰様で、無事研修を終え生還いたしましたので以下エッセンスをお伝えしようと思います。 この研修自体、降ってわいたようなお話だったのですが「とりあえず黄熱病の予防接種だけ受けておいて下さい!」と言われ、出発の日程が確定したのがフライトの10日前、というバタバタのスケジュールでした(ちなみに、黄熱病の接種証明書は黄色くて“イエローカード”と呼ばれています)。セネガルは遠かった……。乗り継ぎを含め27時間以上のフライトを要する日本は、参加12ヶ国中もっとも遠い国でした。今回の参加国は日本、インドネシア、レバノン、オマーン、セネガル、ナミビア、ギリシャ、ドイツ、フランス、デンマーク、ブラジル、ドミニカ共和国です。インドネシアの先生が「時差のせいで午前2時に目が覚めて、そこから寝付けないんだよね。」とおっしゃるので「日本組は午前1時なんだよね。こっちの勝ち!」などと冗談をかわしつつ、各国の先生方と3日間みっちりの研修を共にしました。 内容はというと、気候変動そのものについての解説といったレクチャーはほとんどなく、メインは「ホールスクールアプローチ(英語ではwhole institute approach )をいかに実施していくか」でした。つまり、学校のあらゆる側面にESD及び気候変動の視点を浸透させる、というのが今回のプロジェクト参加校の目指すところという訳です。学校統治(理念)・授業や学び・学校施設や運営・地域との連携といった4つのカテゴリーのひとつひとつに、どのよう な取り組みが可能なのか、レクチャーもてんこ盛りでしたがブレインストーミング、ディスカッション、ロールプレイを交えてイメージを共有していきました。 このホールスクールアプローチ、学校の風土自体を持続可能な社会を志向したものとする、と言い換えてもいいと思います。学園はすでにその方向性にあるので、親和性の高いプロジェクトだと言えます。 ただ学園の課題としては、ESDはまだしも「気候変動」を具体的にどのように扱っていくのか、私にもまだはっきりと道が見えていません。各国のプロジェクト参加校 10 校には、国を越えて活動を発信してほしいこと、可能であれば海外の他の学校とパートナーシップを組むなど共同プロジェクトも模索してほしいことなど、ユネスコ本部からは期待が述べられまし た。このためにOTA(ユネスコ本部が作ったオンラインプラットフォーム)を最大限活用してほしいようです。OTAには、気候変動について授業で使えるような良質の教材も複数載せてあるそうです。 今回の研修で、一番の収穫は各国の先生方といろんな話をして仲良くなれた事です。研修が終わるころ、ギリシャの先生が「研修明けの日にゴレ島(かつて奴隸貿易の拠点となった島で、世界遺産)ツアーに行きたい人?」とみんなに声をかけてくれ、私たち 20 人ほどがミニバスで観光に出かけました。そこでの先生たちの振る舞いにもお国柄や個性があふれていて面白かったのですが、その話はまたいずれどこかで。 さて、私には今回の研修の内容を精査して、国内の 10 校(セネガルに行った私たち 2 校を除くと 8 校)の先生方に同様の研修を行うという仕事が残っています。1 月 28 日(土)と日程も決まったので、これから内容を組み立てたいと思います。 (英語専科 ユネスコスクール担当教員 内村真澄) ※12月16日発行「学園だより」から転載しました。

毎日小学生新聞で「糸かけ」が紹介されました

2017年1月17日

2017年の幕が開き、学園の3学期も始まりました。 さて突然ですが、2017が素数だとご存知でしょうか? (ちなみに、その前の素数年は2011年、この後は2027年です。) 毎日小学生新聞2017年元日特別号の「15歳のニュース」で素数が特集され、 横浜シュタイナー学園数学部顧問、足立久美子先生による糸かけの記事が表紙を飾りました。 中ページでは、記者の方が、素数の糸かけを体験されている様子が詳しく掲載されています。 6色の糸を23や19といった素数ごとに釘にかけていくと、美しい模様が出来上がるのです。 2年生の我が子も、この数の神秘に出会う体験をしてきました。 もちろん素数の学びはまだ先のことで、掛け算の九九を覚え始めた頃のことです。 担任の神田先生から「明日はカナヅチをもたせてください」と連絡がありました。 カナヅチ?木工でもするのかしら?と不思議に思っていると、子どもが写真のようなものを持ち帰ってきました。 板には10本の釘が円形に打ち付けられていて、0から9までの番号がふられています。 これぞシュタイナー教育の数の学び!と、嬉しくなった私は、子どもと一緒に糸をかけてみました。 1の段に糸をかけていけば当然10角形ができます。 2の段にかけていくと5角形。 3の段にかけて行ったら、あら、面白い形ができた。 4の段は?お星様(五芒星)! 5の段にかければ一本線だ。 じゃあ6の段は? そこで子どもが目を輝かせて言いました。 「6の段は4の段と同じお星様なんだけど逆周りなの。 7の段は3と逆で、8の段は2の逆だし、9は1の反対!」 保護者会で先生から「子どもたちには、数の世界の美しさを伝えています」と聞きました。 「その美しさに魅せられて数のお仕事をしたり研究している人たちもいるんだよと、子どもたちに話しました」と。 「感動を持って学ぶ」とはこういうことかと、改めて感じました。 学びの入り口で、数の美しさや不思議さを体験した我が子はきっと、 「勉強って面白い!」と感じていることでしょう。 それは大人も同じ。 私もこんな風に数の世界に出会いたかったなあと羨ましく感じつつ、 子どもが学ぶ姿を通じてワクワクしています。 私はまだ、素数糸かけを体験したことがありません。 素数年の今年、チャレンジしてみたくなりました。 (2年生保護者 中島美穂) 掲載紙はこちらでもご紹介しています。

2学期月例祭

2016年12月27日

「月例祭」は一学期ごとに各学年の日ごろ積み重ねてきた学びを披露する会です。皆で共に子どもたちの成長 を喜び、見守っています。各学期の最終日に行われることが多いのですが、2学期の月例祭は会場等の都合によ り12月10日(土)に青葉公会堂で行われました。各学年の発表の後、4年生〜9年生で「One Little Candle」 を合唱しました。美しい響きに包まれて静かな会は幕を閉じました。 〜 がくえんにっし年内最後の更新です。みなさまどうぞ良いお年をお迎えください。〜 (広報の会)

「アドヴェントのつどい」終了しました。

2016年12月14日

第1アドヴェントの日となる11月27日(日)に公開イベント「アドヴェントのつどい」を開催しました。近年開催してきた同様のイベントより約70人も多く、252人もの方々にご来場いただき、大盛況でした。 何より嬉しかったことは、いつもイベントの際に来場して下さるシュタイナー幼稚園在園中のご家庭だけでなく、初めて学園を訪れる小さなお子さん連れのご家族も多かったことです。 受付アンケートによると、学園の保護者からの紹介やWEB広報などによりイベントを知った方もいましたが、「緑区民まつり」や「ヴェジ&フォークマーケット」、地域の子育て拠点を回った「ライアーキャラバン」など、学園の外に保護者が出向いた活動で出逢った方たちが、この機会に学園に足を運んでくださったとのこと。 低学年の学び舎である霧が丘校舎では、「ライアー演奏とお話」「人形劇“かさじぞう”」「ろうそくの森(ろうそくづくり体験)」「親子で楽しむワークショップ」「アドヴェントカフェ」「手作り品販売」「1年生教室公開」「スクールショップ“星の金貨”販売」を行いました。また、高学年の学び舎・十日市場校舎では、学園案内として「各クラス教室公開」に加えて「古本&古着マーケット」「学園紀要書籍『野ばら』販売」「学園を支える案内」ブースなども実施しましたが、みなさんとても新鮮に一つひとつを楽しんで下さっていることがこちらにも伝わってきました。来場くださったみなさまが、1日ゆったりと学園の空間を堪能して下さり、霧が丘校舎と十日市場校舎間を何度か往復して下さった家庭も少なくなかったようでした。 素晴らしい出逢いに感謝しつつ、アドヴェントの日々を大切に粛々と過ごしていきたいと思います。 (広報の会 高橋恵美)

【11/27開催】静けさを楽しむ…アドヴェントのつどい

2016年11月20日

もうすぐ学園にもアドヴェントの時期が訪れます。 アドヴェントは聖なる夜の訪れを待ち望む、クリスマス前の約4週間の時期です。 4週前の日曜日(今年は11月27日)に始まり、日曜日ごとに火を灯すろうそくを増やしつつ、クリスマスの日を静かに静かに待ちます。この静かに待つという事が、子どもたちにも私たち大人にも光を与えてくれているのです。(もちろん、子どもたちが、この時期にずっと静かなわけはありません!!ただ、それでも、静かに待ち望むという体験が子ども一人一人の中に生きているなぁーと感じています。) さて、今年も第一アドヴェントと呼ばれる、11月27日(日)に、私たちの学園は「アドヴェントのつどい」というオープンスクールを行います。世の中の賑やかなクリスマスとはちょっと違う、静けさを楽しむアドヴェント。 参加する子どもたちが、優しくにっこり微笑むような喜び方をしてくれることを、毎年私たちも嬉しく思っています。 学園に通う子どもたちが、どんな風にこの時期を過ごすのか、少しでも感じて頂ければありがたいです。 季節は、暗く寒くなってきましたが、どうぞ光を探しに遊びにきてください。 ☆静けさを楽しむ催しのご案内☆ 「音楽会とお話」 教員がクリスマスのお話をお届けします。また、この時期にふさわしい楽曲をライアーの会が演奏します。ライアーの優しい音色をぜひお楽しみください。 「ろうそくの森」 アドヴェント用の小さなりんごろうそくを作るワークショップです。 保護者による人形劇「かさじぞう」 小さな子から大人まで楽しめる人形劇です。 「親子で楽しむワークショップ」 オーナメントや窓辺飾りが作れます。ぜひ、お家に飾ってください。 ※ 他にも、カフェや販売があります。 ※ 十日市場校舎では、学園紹介を行います。教員もいますので、ご質問等ありましたらお気軽にお声かけください。 寄付活動の一貫として、古本&古着マーケットも開催します。 詳細と最新情報は、HPでご確認ください。 https://yokohama-steiner.jp/?p=9719 (学園公開グループ・藤好千晶)

地域交流会より〜霧の里の植栽&清掃活動に参加して〜

2016年11月13日

霧が丘の住人になり早いもので一年になろうとしている我が家。 今年度より地域交流会に加わりました。 霧が丘には1〜6丁目各自治会ごとにさまざまなイベントがあり、地域活動が活発だなぁと感じています。 地域交流会では、学園の存在を地域の方々に知っていただき、良好な関係を築けるよう、努力しています。 10月29日(土)には、霧が丘連合自治会主催、毎年恒例となっている霧の里の植栽&清掃活動がありました。 私はもちろん初参加。集合時間は7時50分、遅刻せぬよう緊張し、霧の里に着くと、参加者の多さに仰天! キョロキョロしていると、すぐに学園の方に見つけてもらえてひと安心(笑)。割り振りの場所に移動したものの、人手が足りない所があるのでそちらへとの声がかかりました。 行ってみると数人のご婦人たちが、伸び放題の茂みに挑んでいます。限られた時間内にどれだけできるのだろうか、不安を口にしながら作業を進めています。私たちもそんな会話に混じりながら懸命に鎌を入れていきました。ごみ袋はすぐに一杯なり山積みです。作業が大詰めになると、「こんなにスッキリして気持ちが良いね」「みんなの力が集まるとすごいね」「開始前の写真をとって比較したかったわ」など感想を述べあい、各々の働きを称えあいました。 想像よりハードだった(!)霧の里植栽清掃を終え、次に向かったのは赤道の黒澤フィルムスタジオ脇の花壇です。ここは地域交流会が管理を任されており、連合自治会より配布されたパンジーの苗を植えました。登下校で通る赤道の花壇がにぎやかになって嬉しいです。どうぞたくさんの花が咲きますように。 清々しい達成感とほどよい疲労感をいただき、この日の活動を終えたのでした。参加の皆さん、お疲れさまでした! 学園の中長期計画でもかかげられる、地域社会につながりを広げる、つながりをたやさない取り組みについて、アイデアを出しあい、地域交流会ではどんなことができるか、これから検討していきます。 (地域交流会 2年生保護者 千代由美子)

~みどりと森のフェスティバル~緑区民祭りに参加しました

2016年11月1日

10月16日(日)神奈川県立四季の森公園で行われた緑区民祭りに参加しました。 横浜シュタイナー学園は横浜市緑区(最寄駅 JR横浜線「十日市場」)に誕生して12年目を迎えますが、区民祭りにはなんと初参加。横浜市緑区の最大規模のイベントということで多くの方が来場される中、「横浜シュタイナー学園はどのくらい知られているだろうか?」と少々不安な気持ちもありましたが、思いのほか、学園があることは知っている、という方が多く有難い気持ちでいっぱいでした。 今回は「はじめまして」の想いも込め、学園の温かい雰囲気を感じていただけそうな『羊毛でつくる ちょうちょのネックレス』の無料ワークショップを行いましたが…な、な、なんと、列が途切れることがなく、私たちスタッフには嬉しい悲鳴でした。かごの中から好きな色の羊毛を探す子どもたちの目は真剣そのもの。中には羊毛に初めて触れる子もいて、「なんの毛だろう?」と一生懸命考えていました。「羊さんの毛ですよ~」と教えると、目を丸くして喜んでいました。大事そうに羊毛をなでる子、まだ小さくて難しいのになんとしても自分で紐を結びたい子、出来上がったネックレスをお母さんにプレゼントする子、緑の中で様々な出会いがありました。限定60個のつもりのワークショップでしたが、その数を急遽倍以上に増やして、暖かい一日が終わりました。120匹以上のちょうちょが、きっと今もどこかで可愛がられているかと思います。 地域の皆さま、これからも宜しくお願いします。 学園公開グループ 藤好千晶

11月27日(日)はアドヴェントのつどいです

2016年10月19日

10月5日(水)朝から、今年の「アドヴェントのつどい」にむけて、1回目の全体ミーティングを開きました。 今年も、お越しいただいた方々に、静かであたたかなクリスマスの雰囲気を味わっていただけるよう、準備を進めています。 教員、保護者一同、みなさまのお越しをお待ちしております。 11月27日[親子でむかえるアドヴェントのつどい」 〜クリスマスを待つ時期、美しく飾られた学園をお楽しみください〜 1年の中で最も暗く寒い冬に入る頃、 聖なる夜の訪れを待ち望むアドヴェントの時期がやってきます。 学園の校舎には手づくりのローズウィンドウや星飾りが美しく飾られます。 - 暗闇の世界に生まれる小さな光 - アドヴェントを体験できる1日です。ぜひお越しください。 <内容> クリスマスのお話とライアー演奏 11:00~ / 13:00~ ろうそくづくり 10:30~ / 11:30~ / 12:30~ / 13:30~ アドヴェントの教室公開 人形劇「かさじぞう」 11:00~ / 12:00~ / 13:00~ 親子で楽しむワークショップ 手づくり品販売 アドヴェント Cafe 星の金貨(スクールショップ) 詳しくはHPをご覧ください。 https://yokohama-steiner.jp/?p=9719

野球部合宿&3校試合

2016年10月1日

学園では7年生になると部活動に参加できます。野球部は、8月22日~24日に十日市場校舎で合宿を行いました。24日の試合も頑張りました。コーチを務める保護者からの報告です。

全国のシュタイナー学校よ、つながろう!

2016年9月21日

現在、日本には全日制のシュタイナー学校が7校あり、学校間の“横のつながり”もしっかりと育まれています。 7校の教員や運営者がこの夏、北海道・いずみの学校に集まり、研修や会議を行いました。 日本シュタイナー学校協会事務局も兼務する、学園の事務局長からのレポートです。 広い図書室の開放的な窓から、白樺の梢越しに噴火湾の美しい風景が広がる。8月、絶景にたたずむ北海道シュタイナー学園に、全国から約30名の教員・運営者が集まった。毎年、春と夏に開かれる日本シュタイナー学校協会の定例会議。全国7校から人が集まる。 年2回とは言え、生徒募集や様々な運営上の話題は各校とも切実な共通テーマであり、それぞれの報告が深い共感をもって受け取られる。とくに3.11以降の入学者の低迷は、各校が危機感を共有してきた。そんななか、サマースクールやホームスティ体験など、各校の個性的な取り組みからの学びも多い。授業料、児童募集、学童のあり方など、よき力をもらってきた。そして夜には懇親会があり、ときには微妙な話題も共有しつつ、各校の運営者は次の再会を約束しあう関係で帰って行く。 そんな信頼関係のなか、各校の連携なしには実現できないプロジェクトも実を結んできた。2015年のアジア・ヴァルドルフ教員会議の大きな成功はまだ記憶に新しい。毎年の夏に開催される教員研修は、今後の新設校を支援する役割も負う。まだ構想の段階だが、連携型教員養成が始まれば、教員資格の共通ガイドラインづくりも始まるだろう。新法の動きへの取り組みは、協会なしにはあり得ない。独自の教育を法律がカバーするためには、アクレディテーションと呼ばれる相互認証が求められるだろう。そこで、国際的なシュタイナー教育のガイドラインが活きてくる。国際指針づくりに取り組む国際ヴァルドルフ教育会議には、毎年、日本の協会からも代表を送っている。 そして2019年。シュタイナー学校誕生100周年の年。その祭典に向けた準備が世界で始まっている。2017年の日本のシュタイナー学校誕生30周年はそこへのステップだ。世界中が100周年に結集する歴史の鼓動を、教員も保護者も子どもたちもともに感じられたら。そんな思いで今、この活動に関わっている。 日本シュタイナー学校協会 http://waldorf.jp/ (事務局長 佐藤雅史)